読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年 名古屋公演 / Il concerto a Nagoya 2015

f:id:nahoyokoyama:20150805103923p:plain

みなさまのお陰をもちまして

2015年名古屋公演、

良い会となりました。

夏の暑い最中をご来場賜りましたみなさま
ご協力頂いたみなさま
応援くださったみなさまへ
まずは心からの感謝をこめて。

 

公演が終わった後、

私の手を固く握り締め

涙にうるんだ目で

「よかった、

これからも頑張って!」

と語気も強く言ってくださった方。

 

「ありがとう」

って思いきりぎゅっと私を抱きしめてくれた方。

 

たくさんの

とびきりの

笑顔 ・ 笑顔 ・ 笑顔

 

こんなにものご褒美を頂けて、

何て幸せでしょうか。

 

私は「声」を磨きます。

それは声でみなさまを包みたいから。

私は「歌」を磨きます。

それは音楽でみなさまを包みたいから。

 

心からの感謝をこめて。

 

 

 

f:id:nahoyokoyama:20150801165431j:plain

公演終了後レセプションにて

2015東京公演 / Il concerto a Tokyo 2015

お陰さまをもちまして2015年東京公演を良い会にすることができました。

 ご来場賜りましたみなさま、

ご来場叶わずとも応援してくださったみなさま、

スタッフ一同へ心から感謝申し上げます。

f:id:nahoyokoyama:20150214202453p:plain

<Prima parte>

 
Händel   " Care selve " 歌劇「アタランタ」より " いとしの森よ "
             
               Oratorio <Messiah >  " Rejoice greatly, O daughter of Zion "  
               オラトリオ「メサイア」より " シオンの娘よ、大いに喜べ "
 
Mozart   Ridente la calma K.152 " 静けさは、微笑みて "
              Das Veilchen  K.476  " すみれ "
              Chi sa, chi sa, qual sia K. 582"  誰が知るでしょう、いとしい人の苦しみを "
 
           " Exsultate, jubilate " KV.165  モテット " 踊れ、喜べ、幸いなる魂よ" 
 
 

f:id:nahoyokoyama:20150404190634j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404190721j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404191031j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404191613j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404193659j:plain

 

<Seconda parte>
 
Bellini 
 
 " 3 Ariette " 「3つのアリエッタ」より
                   Il fervido desiderio/激しい希求 
                   Dolente immagine di Fille mia/フィッリデの悲しげな姿よ 
                   Vaga luna, che inargenti/優雅な月よ
          
             
 Opera  " I Capletti ei Montecchi " ~ Oh quante volte. oh quante! ~

歌劇 「カプレーティ家とモンテッキ家」より ”ああ、幾たびか”

 
 
Piano Solo

 

Chopin
ショパン    Fantasie Impromptu op.66 幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)
 
Bellini 
 
Opera " I Pulitani " ~ O rendetemi la speme  -  Qui la voce sua soave ~
 

 

f:id:nahoyokoyama:20150404195607j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404195635j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404201901j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203204j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203207j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203218j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203227j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203241j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404203514j:plain

f:id:nahoyokoyama:20150404204032j:plain

 

 

 

感謝の気持ちをこめて・・・

 

 

 

 

 Grazie a tutti...

 

2015年東京公演のお知らせ♪

f:id:nahoyokoyama:20150214202453p:plain

 

2013年の終わりごろ、それまで国内外のコンクールに挑戦しても結果が出せないことに行き詰まりを感じ、流れを変えたくて、思い切って憧れの歌手”Renata Scotto”のマスタークラスオーディションを受けました。

とにかく多くの歌手たちの中に入って、彼らと自分との違いを知りたかったから。

しかしながらオーディションでは選出されず、それでもどうしても諦め切れなかったので、たった一人でしたが聴講生として参加しました。

 

そのマスタークラスには世界各地で活躍中の歌手たち25人ほどが受講しており、約一ヶ月間毎日さまざまな講義を受講。

コレペティによる音楽理論の講義、技術専門の講義、そしてRenata Scottoによる総合的な音楽講義の3種類の講義をそれぞれが割り振られて受ける仕組み。

その一ヶ月、彼らが真摯に音楽に取り組み、時に悔し涙を見せながらも成長してゆく様子を目の当たりにし、自分にどんなに何が足りないのかを具体的に知ることになりました。

最終日には聴講生も一度だけレッスンが受けられ、とても勇気が必要でしたが受講しました。

そしてスコットからの言葉は「そうね・・・もう10年早かったらね」と。

 

その後、とても深く真剣に考えました。

 

私は何のタイトルも持っていない・・・つまり認めてもらえないということは偽りの歌を歌っているの?

・・・そう思ったら「音楽を通して多くの方々と愛と勇気を分かち合ってゆく」私の夢は叶えられないということ???

 

時が止まったようでした。

どうしたらいいのかしら・・・

歌も、それまで歩んできた道、これからの生き方・・・すべてが混沌としました。

 

そうしているうちにも現実は2015年の東京公演会場を決めなければならなく、昨年4月1日、機械的に抽選会場であるすみだトリフォニーホールへ向かっていました。

会場にはたくさんの応募者が集まり、すごく競争率が高いと噂に聞いていた通り。

一応抽選してみようというくらいの気持ちでいたのですが・・・

何と第一希望の4月第一土曜日が当たってしまったのです。

 

その時、これはきっと歌ってごらんと神様がおっしゃってるんだって思ったのです。

感謝の気持ちでいっぱいで胸が痛いくらいでした。

 

私はやっぱり

歌を通して自分が幸せで、

みなさまも幸せにできる人生を生きたい。

だから歌います。

 

それが今の私のすべてです。

 

そして今回の東京公演。

プログラムはヘンデルモーツァルトベッリーニの3作曲家で構成しました。

 

声で誰かの心を抱きしめたい。

そのために声を磨きます。

音楽で世界平和を祈りたい。

そのために歌を磨きます。

 

4月4日(土)19:00 みなさま「すみだトリフォニー小ホール」へ

ぜひ歌を聴きにお越しくださいませ。

 

お会いできることを心から楽しみに・・・

あふれる愛をこめて。

 

奈穂

http://yokoyamanaho.com/info.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祈り

新しい年を迎え、

今どのようななお気持ちでいらっしゃいますか。

みなさまにとってかけがえのない

どんなまぶしい光よりも輝いた一年でありますことを。

 

 

私の歌が

あなたの心をあたためて、

包み込んで、

輝かせて、

勇気づけて、

陽気にさせて、

笑顔にして・・・

 

そんな歌を歌いたい

どんなときもみなさまの傍に在りたい

 

すべての境界線を消して、

目には見えない大切なことを教え続けてくれる、

あまりに果てしなくて、

それを宇宙と呼ぼうか何と呼ぼうか・・・

 

この身を捧げ奉仕できたらと願う、

 

心から愛する

「音楽」よ・・・どうかいつも私に寄り添ってください。

 

年の初めに心の底から湧き上がる

祈りと感謝をこめて。

 

奈穂

 

f:id:nahoyokoyama:20141223202039j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスに

f:id:nahoyokoyama:20141225001456j:plain

クリスマスに

思い浮かぶ言葉・・・

 

聖夜 家族 

笑顔  祈り

イルミネーション 

教会 喜び 赤 緑 

感謝 もみの木 

サンタクロース 雪 

恋人 あたたかい 音楽  

パーティ 静 

平和 歌 

贈りもの  灯り 

 

もっともっとあるけれど・・・

 

すべてまとめて心にこみ上げる気持ち、

それは「ありがとう」

 

世界が平和でありますように

抱きしめるように祈りながら

 

大切なみなさまへ

素敵なクリスマスを。

 

f:id:nahoyokoyama:20141205205124j:plain

Buon Natale in tutto il mondo!

Naho

母校・蘇南中学校公演

この校舎には

私の

13歳から15歳までの

大人でもこどもでもなかった

感性と、感情が抑制されることのなかった・・・

友達と喧嘩して仲直りした

部活で厳しいトレーニングに耐えた

クラスみんなで目標に向かって一丸となった

体当たりで恋をした・・・

 

「あの頃」の思い出がぎっしり詰まってる。

 

あんなに一生懸命自分の気持ちと向き合うことって

大人になるともうそんなにないのかな。

 

もう戻らないあの頃・・・

かけがえのないあの時間・・・

 

 

今日私は母校の中学校で歌う機会に恵まれました。

若原校長先生、樋口教頭先生はじめ、

私の歌に耳を傾けてくださった先生、生徒のみなさまへ、

心から深く感謝申し上げます。

 

寒い日でした。

体育館で床に座ってさぞ寒かったでしょうね。

それでも一生懸命聴いてくださって・・・私も全身で歌いました。

みなさんのそれぞれの夢が、いつか空を飛んでゆきますように。

祈りながら、願いながら・・・

 

ささやかなメッセージ、

” 自分自身が嬉しくて

そして人をも喜ばせることのために

生きてください ”

伝わりましたか・・・。

 

f:id:nahoyokoyama:20141215150151j:plain 

 
 
作詞・作曲 : 武満 徹
 
 
風よ雲よ陽光(ひかり)
夢をはこぶ翼
遥かなる空に描く
「希望」という字を
 
人は夢み 旅して
いつか空を飛ぶ
 
 
 
 

名古屋ミッドランドスクエア・アトリウムコンサート 

f:id:nahoyokoyama:20141212094010j:plain

プログラム (il programma)
" クリスマスに祈りをこめて ”  "  Una preghiera per il natale "
 
Pf : Lie Katou 
 
~Prima parte~
 
Cantus Gregorianus /  Ave maria      
Caccini / Ave Maria         
Gounod / Ave Maria         
Händel / Ombra mai fu     
Händel / Lascia ch'io pianga   
Mozart /  Alleluja            
 
~Seconda parte ~
 
Schubert / Ave Maria      
Faure' / Pie Jesu            
 
Puccini / O mio babbino caro     
Puccini / Quando m'en vo          
 
Mascagni / Ave Maria 
 

 

f:id:nahoyokoyama:20141212094034j:plain

 

昨夜は名古屋ミッドランドスクエア(豊田・毎日ビルディング)にて、アトリウムコンサートに出演させて頂きました。

ご来場くださったみなさま、何気なく足を止めて耳を傾けてくださったみなさまへ、

またこのような素晴らしい機会を与えてくださった出口舞さま、柴田寿子さまへ心より深く感謝申し上げます。

 

f:id:nahoyokoyama:20141212094045j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212094055j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212094106j:plain

 

普段のコンサート会場とは違い、人々も行き交う、天井吹き抜けのエントランスホールでの公演。

音の響きを得ることが難しいため、オンマイクで歌うことに。

マイクになれないためリハーサルでの音響調整にちょっと時間がかかりましたが、スタッフさんらのおかげで最後まで安心して歌うことができました・・・感謝。

 

また、至近距離での演奏ということもありトークも交えてのステージに。

普段のコンサートではお話することの少ない私も、お客さまのあたたかいまなざしの中で知らずしらずお話していました。

 

今回のプログラムは時節柄、クリスマスを意識した選曲に。

タイトルも、「クリスマスに祈りをこめて」と致しました。

それもあって、私がこうして歌い続けているのは、どなたさまかの心に私の歌が一点の光になってくれたら・・・そのちいさな灯が、この世の中の希望の光のひとつになれたら・・・

そんな願いがあることをいつの間にか語っていました。

なかなか話す機会がないので、昨夜お話もできたことは私にとって貴重な経験でした。

 

 

f:id:nahoyokoyama:20141212092800j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212092809j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212092816j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212092823j:plain

f:id:nahoyokoyama:20141212092830j:plain

 

~ みなさまの心に

音楽がいつも寄り添いますように

そして希望の光が輝きますように ~

 

f:id:nahoyokoyama:20141211184657j:plain